資格・検定試験CEFRとの対照表

2016年度旧対照表

CEFR Cambridge
English
英検 GTEC
CBT
GTEC for
STUDENTS
IELTS TEAP TEAP
CBT
TOEFL
iBT
TOEFL
Junior Com-
prehensive
2016年12月末
販売終了
TOEIC L&R
TOEIC S&W
C2 CPE
(200+)
 
  8.5
|
9.0
         
C1 CAE
(180~199)
1級
(2630~3400)
1400   7.0
|
8.0
400 800 95
|
120
  1305-1390
L&R 945~
S&W 360~
B2 FCE
(160~179)
準1級
(2304~3000)
1250
|
1399
980
L&R&W
810
5.5
|
6.5
334
|
399
600
|
795
72
|
94
341
|
352
1095-1300
L&R 785~
S&W 310~
B1 PET
(140~159)
2級
(1980~2600)
1000
|
1249
815-979
L&R&W
675-809
4.0
|
5.0
226
|
333
420
|
595
42
|
71
322
|
340
790-1090
L&R 550~
S&W 240~
A2 KET
(120~139)
準2級

(1284~1800)

700
|
999
565-814
L&R&W
485-674
3.0 150
|
225
235
|
415
  300
|
321
385-785
L&R 225~
S&W 160~
A1   3級-5級
(419-1650)
-699 -564
L&R&W
-484
2.0         200-380
L&R 120~
S&W 80~

2017年度対照表

2017年7月10日更新

CEFR Cambridge
English
英検 GTEC
GTEC
CBT
IELTS TEAP TEAP
CBT
TOEFL
iBT
TOEFL
Junior Com-
prehensive
2016年12月末
販売終了
TOEIC L&R
TOEIC S&W
C2 CPE
(200+)
 
  8.5
|
9.0
         
C1 CAE
(180~199)
1級
(2630~3400)
  1370
|
1400
7.0
|
8.0
400 800 95
|
120
  1305-1390
L&R 945~
S&W 360~
B2 FCE
(160~179)
準1級
(2304~3000)
1190
|
1280
1160
|
1369
5.5
|
6.5
334
|
399
600
|
795
72
|
94
341
|
352
1095-1300
L&R 785~
S&W 310~
B1 PET
(140~159)
2級
(1980~2600)
960
|
1189
880
|
1159
4.0
|
5.0
226
|
333
420
|
595
42
|
71
322
|
340
790-1090
L&R 550~
S&W 240~
A2 KET
(120~139)
準2級

(1728~2400)

690
|
959
510
|
879
3.0 150
|
225
235
|
415
  300
|
321
385-785
L&R 225~
S&W 160~
A1   3級-5級
(419-2200)
-689 -509 2.0         200-380
L&R 120~
S&W 80~

※各資格・検定試験の得点とCEFRとの関連性について各試験団体が公表している結果をとりまとめたものです。英語力評価や大学入学者選抜における目安の一つとしてご参照下さい

▼出典

■Cambridge English:ケンブリッジ大学英語検定機構PDF

■英検:
日本英語検定協会
英検CSEスコアのご紹介
英検CSEスコアでの合否判定方法について
■GTEC:
GTEC と CEFR レベル関連付け調査PDF

■IELTS:ブリティッシュ・カウンシル(および日本英語検定協会)資料より

■TEAP:第1回 英語力の評価及び入試における外部試験活用に関する検討会 吉田研作教授資料より

■TOEFL:米国ETSPDF

■TOEIC:
IIBC
「L&R」または「S&W」の記載が無い数値が4技能の合計点

より詳細な項目の比較検討をされたい方はこちら

資格・検定試験のCEFRとの関連性検証方法

試験名
実施団体
出題形式

CEFR検証方法 

補足事項

Cambridge English

ケンブリッジ大学英語検定機構

  • CEFR と共に開発(部分的にではあるが、CEFR はCambridge English をベースに設計された経緯あり)
  • 2015年1月よりCambridge English スケール(スコア化)をFCE(B2)/CAE(C1)に導入、2016年2月よりKET(A2)/PET(B1)に導入して完成予定

実用英語技能検定

日本英語検定協会

  • 英検Can-do リストとCEFR との比較
  • 専門家によって構成されるパネルを中心として、①Basket法(*6)②Modifled Angoff法(*7)を使用して検証
  • EALTA(欧州言語テスト・評価学会)エキスパート研究者との共同研究
  • 他試験結果(TOEFL PBT, iBT 等)との比較
  • スコア化(英検CSEスコアとバンド)導入(CEFR との対応付け、およびIRTを用いた各級の関係性よりスコア化)

GTEC CBT

ベネッセコーポレーション

Berlitz Corporation

ELS Educational Services
※一般社団法人進学基準研究機構(CEES)と共催

  • CEFR マニュアル(A Manual: Relating Language Examinationals to the Common European Framework of Reference for Languages: Learning, Teaching, Assessment)のStandard Setting に基いて関連付けを実施。
  • 調査手法としては、受容技能のリーディングとリスニングでは、Bookmark Method(Councill of Europe 2009)を用いている。一方、発表技能のライティングとスピーキングではContrasting-Group Method(Councill of Europe 2009)を用い、技能ごとの関連付けを行っている。

GTEC

ベネッセコーポレーション

Berlitz Corporation

ELS Educational Services

  • CEFR マニュアル(A Manual: Relating Language Examinationals to the Common European Framework of Reference for Languages: Learning, Teaching, Assessment)のStandard Setting に基いて関連付けを実施。
  • 調査手法としては、受容技能のリーディングとリスニングでは、Bookmark Method(Councill of Europe 2009)を用いている。一方、発表技能のライティングとスピーキングではContrasting-Group Method(Councill of Europe 2009)を用い、技能ごとの関連付けを行っている。

IELTS

ブリティッシュ・カウンシル

ケンブリッジ大学英語検定機構

日本英語検定協会 等

  • 有識者によるベンチマーキング
  • テスト結果使用者等による関係者からのフィードバックをもとに検証
 

TEAP

日本英語検定協会

  • Can-do アンケートによるCEFR との比較
  • 独立研究機関(CRELLA)との共同研究
  • 他試験結果(TOEFL ITP, iBT 等)との比較
  • 2015年度よりTEAP CSE スコア併記

TEAP CBT

日本英語検定協会

  • CEFR の対応付を公式マニュアル(Relating Language Examinations to the CEFR: A Manual, Councill of Europe)にのっとって実施
  • Listening / Reading は、Tucker-Angoff Method のうちの一つ、Yes/Nod method を使用。Speaking/Writing は、Bookmark Method を応用し、解答を総合的に評価
  • TEAP 換算スコア、TEAP CBT CSE スコアも併記
    TEAPとの1000名以上の相関性調査を行い、TEAPのCEFRレベルとの比較

TOEFL iBT

テスト作成:ETS

日本事務局:CIEE

  • Modified Angoff 法(*7)を使用
  • 5,000名以上のテスト受験者データを使用
  • 大学や英語教師からのCEFR レベルとTOEFL スコアレベルに関するフィードバックも活用
 

TOEFL Junior
Comprehensive

テスト作成:ETS

日本事務局:GC&T

2016年12月末販売終了

  • Modified Angoff 法(*7)を使用
  • 15か国18名の有識者による検討、2技能テストのスタディとの検証も実施
 

TOEIC L&R

テスト作成:ETS

日本事務局:IIBC

  • Modified Angoff 法(*7)を使用
  • 22名の有識者による検討、100,000名以上のテスト受験者データを使用
  • 大学や英語教師からのCEFRレベルとTOEICスコアレベルに関するフィードバックも活用
 

TOEIC S&W

テスト作成:ETS

日本事務局:IIBC

*6:Basket法「(問題に対して)CEFRのどのレベルにある受験者であればこの問題に正解できますか?」という分析手法

*7:Modified Angoff法「(問題に対して)CEFRの各レベルに相当する受験者が100人いるとして、何名がこの問題に正解できるか?」という分析手法

*8:TOEFL Junior Comprehensive は2016年12月末に販売を終了しました。スコアは2年間活用できます。

より詳細な項目の比較検討をされたい方はこちら

ページの先頭に戻る