英検(実用英語技能検定)の特徴

英検(実用英語技能検定)

公式サイト

幅広い世代に対応した国内最大級の英語資格試験

英検は社会で通用する英語、実用英語をはかる検定試験(資格試験)です。
英語の4技能のバランスを重視し、時代の動きに合わせて厳選された質の高い問題を出題しています。また、学習段階に応じて、日常会話から教養を深める社会的な題材まで幅広い話題を対象とし、試験としてだけでなく受験者が親しみを持ちながら知識を深められるよう工夫されています。
英検にチャレンジすることは自分の英語力を把握できるだけでなく、進学・就職・留学等でも多くのチャンスを手に入れることにつながります。
受験者は年間約230万人、1963年の第1回検定からの累計では9,200万人を数える、人気の高い検定試験です。

構成

英検には7つの級が設定されています。どの級からでもスタートできますので自分のレベルに合った目標を身近なところから設定し、無理なく確実にステップアップが可能です。

●1級・準1級:品格のある英語使用者として国内外で高く評価される

1級: 一次試験 筆記試験(100分)、リスニング(約30分)
二次試験 面接(スピーキング)(約10分)
準1級: 一次試験 筆記試験(90分)、リスニング(約25分)
二次試験 面接(スピーキング)(約8分)

●2級・準2級:使える英語の幅を広げ、世界へ飛躍する力を養う

2級: 一次試験 筆記試験(75分)、リスニング(約25分)
二次試験 面接(スピーキング)(約7分)
準2級: 一次試験 筆記試験(65分)、リスニング(約25分)
二次試験 面接(スピーキング)(約6分)

●3級・4級・5級:英語の基礎を身につけ、一歩ずつ確実にステップアップ

3級: 一次試験 筆記試験(40分)、リスニング(約25分)
二次試験 面接(スピーキング)(約5分)
4級: 筆記試験(35分)、リスニング(約25分)※一次試験のみ
5級: 筆記試験(25分)、リスニング(約20分)※一次試験のみ

英語力測定方法

各級、合格・不合格で評価いたします。なお成績表には合否の他に、分野別得点、全問題に対する正解・不正解(○・×)、学習アドバイス、Can-doなど、受験者に対する充実したフィードバック情報を掲載しています。

受験機会

年3回受験機会があります。各回全国47都道府県、約230都市(約400会場)で公開会場を設置しています。※4級と5級は、二次試験(面接)はありません。
第1回(一次試験:6月、二次試験:7月)
第2回(一次試験:10月、二次試験:11月)
第3回(一次試験:1月、二次試験:2月)

実績

年間約230万名、累計9,200万名の受験者数を数える検定試験です。(累計は1963年第1回~2013年度第3回)
英検資格取得者は、約1,700校にのぼる高校・大学の入学試験や単位認定で優遇され、海外留学においても、約400の機関で英語力証明の資格としてグローバルに認められています。特に2014年にはオーストラリアの5州の全州立高等学校において英検が準2級より認定されました。1963年の第1回より、50年以上にわたり日本の英語教育の指標として活用され続けています。

ページの先頭に戻る