IELTSの特徴

世界10,000以上の機関に採用される、海外留学や移住に最適な英語能力テスト

International English Language Testing System (IELTS : アイエルツ) は、海外留学や研修のために英語力を証明する必要のある方、イギリス、オーストラリア、カナダなどへ海外移住申請される方に最適なテストです。イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほぼすべての高等教育機関で認められており、アメリカでも、アイビー・リーグを含む3,000以上の教育機関で採用されています。
IELTSはブリティッシュ・カウンシル、IDP:IELTS オーストラリア、ケンブリッジ大学英語検定機構の三団体で共同運営されており、世界140ヵ国の1,000以上の会場で受験することができます。日本国内では、現在2つの団体が公式テストセンターとして試験の実施・運営を行っています。(公益財団法人 日本英語検定協会とブリティッシュ・カウンシルの共同運営、一般財団法人 日本スタディ・アブロード・ファンデーション(JSAF)と IDP:IELTS Australiaの共同運営)

構成

IELTSには、アカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モジュールの2種類があります。
いずれも、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのテストで構成されます。リスニング、リーディング、ライティングはペーパーベースの筆記テストで、スピーキングはネイティブの試験官と1対1の面接形式となっています。

●アカデミック・モジュール

アカデミック・モジュールは、受験生の英語力が、英語で授業を行う大学や大学院に入学できるレベルに達しているかどうかを評価するものです。イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド等、英語圏の大学や大学院では、アカデミック・モジュールでの試験結果が入学許可の判断の基準となっています。

●ジェネラル・トレーニング・モジュール

英語圏で学業以外の研修を考えている方や、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドへの移住申請をされる方は、ジェネラル・トレーニング・モジュールを受験することが一般的です。

リスニング 筆記試験(時間:40分、解答転記時間10分含む)
リーディング 筆記試験(時間:60分)
ライティング 筆記試験(時間:60分)

※スピーキングテストはIELTSの世界的な規定により、筆記試験の前後6日以内に行われます。

スピーキング 面接試験(時間:11~14分)

英語力測定方法

テスト結果は1.0から9.0まで0.5刻みのバンドスコアで示されます。合格、不合格はありません。リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの各パートごとの英語力がバンドスコアで示される他に、総合評価としてオーバーオール・バンドスコアが与えられます。

受験機会

◇日本英語検定協会が実施するIELTS

公開会場:IELTSは2019年度現在、全国16都市で実施しております。東京・大阪では月3回、名古屋・福岡では毎月実施をしており、今後も受験会場及び日程を随時拡大していく予定です。

※受験会場は試験日により異なります。

東日本エリアでは、札幌、仙台、埼玉、東京、横浜、長野(松本/長野)、金沢、静岡にて実施
西日本エリアでは、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡、熊本にて実施

各会場にて座席を多数ご用意しておりますが、都市によっては、申込開始日以降すぐに満席となるほど人気がございますので、お早めにお申込ください。

特別会場:受験者の数がある一定数以上見込まれる教育機関の場合、在籍している生徒・学生を対象にIELTSの特別会場実施を開催することが可能です。受験者は慣れ親しんだ自身のキャンパスや学校で、公式の試験を受験することができます。特別会場実施実績は100団体近くに上ります。

◇一般財団法人JSAFが実施するIELTS

公開会場:東日本エリア、西日本エリアの各地にて実施しています。テスト3日前まで申込を受け付けています。

特別会場:一定数以上の受検者がいる場合、在籍生徒・学生を対象にしたIELTSを特別会場として実施することができます。

◇北九州予備校が実施するIELTS

公開会場:福岡を中心に2020年からは九州全域及び山口県、沖縄県でIELTSの実施を行います。テスト3日前まで予約を受け付けております。特別会場に関しては別途お問い合わせ下さい。

実績

世界中で年間300万人以上が受験し、英語能力判定試験のグローバルリーダーとして、世界中の高等教育機関が認定しています。日本でも年々受験者が増加しています。イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほぼ全ての高等教育機関で認められており、アメリカでも入学審査の際に採用する教育機関が3,000を超え、世界最大級の受験者数を誇っています。

ページの先頭に戻る