TOEIC/TOEIC S&Wの特徴

TOEIC / TOEIC S&W TOEIC®テスト TOEIC®スピーキングテスト / ライティングテスト(以下、TOEIC® S&Wテスト)

公式サイト

英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテスト

TOEIC(トーイック)とはTest of English for International Communicationの略称で、世界最大の非営利テスト開発機関である米国Educational Testing Service(ETS)によって開発され、1979年に日本で初めて実施されました。
TOEICテストは身近な内容からビジネスまで幅広くどれだけ英語でコミュニケーションできるかということを評価します。
和文英訳、英文和訳といった設問はなく、「要点がわかる」「推測できる」といった能力に加え言語運用能力の基礎をなす文法、語彙、音声識別能力などをより幅広く測定します。
また、その国独自の文化的背景や言いまわしを知らなければ解答できないような問題は排除されていますので、「世界共通の基準」として活用することができます。
現在では、TOEICテストとTOEIC S&Wテストを活用することにより、「聞く」、「話す」、「読む」、「書く」英語コミュニケーション能力を総合的に評価でき、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストとして、世界約150カ国*、年間約700万人*が受験しています。日本では個人による受験に加え、約3,600*の企業・団体・学校が採用し、年間約258.5万人が受験しています(2013年度)。
* TOEICテスト、TOEIC S&Wテスト、TOEIC Bridge®も含む

構成

●TOEIC®テスト:

リスニング:マークシート方式(時間:45分間)
リーディング:マークシート方式(時間:75分間)

●TOEIC® S&Wテスト:

スピーキング:マイク付きイヤホンでの音声録音による解答(時間:20分間)
ライティング:キーボードでのタイプ入力による解答(時間:60分間)

※TOEIC® S&Wテストは試験会場のパソコンにインターネットを介してテスト問題が配信されるもので、受験者はTOEICテスト(リスニング、リーディング)のように紙と鉛筆で解答するのではなく、パソコン上で音声を吹き込んだり文章を入力して解答します。

英語力測定方法

●TOEIC®テスト

合否ではなく10点から990点までのスコアで評価されます。
このスコアは、常に評価基準を一定に保つために統計処理が行われ、能力に変化がない限りスコアも一定に保たれている点が大きな特長です。
また、スコアに加えScore Descriptors(レベル別評価)とAbilities Measured(項目別正答率)も表示されます。

●TOEIC® S&Wテスト

ETSの認定を受けた採点者によって採点されます。
些細な文法の間違いや発音のミスなどは、円滑なコミュニケーションの妨げにならない限り、減点対象にはなりません。与えられたタスク(課題)に対し、的確な内容で回答できているかが採点ポイントになります。
各スコアは0点から200点で、10点刻みで表示されます。また、スコアをもとにした評価がProficiency Level Descriptors(能力レベル別評価)として、TOEICスピーキングテストでは8段階、TOEICライティングテストでは9段階で表示されます。さらに、TOEICスピーキングテストにおいては、「Pronunciation(発音)」、「Intonation(イントネーション)とStress(アクセント)」についてもそれぞれ3段階で評価されます。

受験機会

●TOEIC®テスト年10回全国80都市で実施します。

●TOEIC® S&Wテスト年24回、土曜または日曜の午前・午後に1回ずつ実施します。

実績

TOEICテスト、TOEIC S&Wテスト、TOEIC Bridge®、合わせて世界約150カ国で年間約700万人が受験しています。日本では個人による受験に加え、約3,600の企業・団体・学校が採用し、年間約258.5万人が受験しています(2013年度)。

ページの先頭に戻る