大学入学者選抜制度 先進的な取り組み事例

【写真】筑波大学

学群、学類のアドミッション・ポリシーに適した形で
入学試験に英語4技能外部検定試験を導入する

筑波大学は、2018年度推薦入試に英語4技能外部検定試験を導入すると発表しました。2019年度入試からは、一般入試(個別学力検査)にも取り入れる予定です。導入決定に至る背景と狙い、筑波大学が推し進める入試の国際化対応などについて、伊藤眞 副学長(教育担当)にお話をうかがいました。

英語4技能外部検定試験導入は、グローバル化に向けた入試改革の一環

筑波大学では2018年度推薦入試に英語4技能を測る外部検定試験(Cambridge English、英検、GTEC CBT、IELTS、TEAP、TOEFL iBT、TOEFL Junior Comprehensive、TOEIC/TOEIC S&W)を導入する予定です。

【写真】伊藤眞 副学長(教育担当)

伊藤眞 副学長(教育担当)

CEFRのB1(自立した言語使用者)レベル相当以上のスコアを持つ高校生は、推薦入試の総合評価に反映します(一部学類を除く)。

これは、本学を志望する学生が、一定以上の英語力を有している場合、その能力を総合評価に反映するという意味であり、出願資格にしているわけではありません。また、医学類はより高い基準を設けて学生を選抜する必要があるという判断から、B1ではなくC1(熟練した言語使用者)に設定し、一年早く導入することにしています。2019年度から一般入試(個別学力検査)でも導入する予定であり、こちらも全学的に実施する計画です。

社会のグローバル化が急速に進む中、従来の「読む」「書く」という限られた能力だけではなく、「話す」「聞く」を加えた総合的な英語力を求める声が高まってきました。本学は2013年に全学版アドミッション・ポリシーを「筑波大学は、自立して世界的に活躍できる人材を育成するため、本学の教育を受けるのに必要な基礎学力を有し、探究心旺盛で積極性・主体性に富む多様な人材を受け入れます。」と設定し、全学学群入試改革検討委員会を設置してグローバル化に対応した入試改革を進めています。2015年度入試からは国際バカロレア特別入試をスタートさせており、今回、入試に英語4技能外部検定試験を取り入れるのもグローバル化に向けた入試改革の一環と位置付けられています。

英語4技能外部検定試験を学群・学類のアドミッション・ポリシーに応じて適切に活用する

今回の英語4技能外部検定試験導入は、推薦入試から段階的に実施し、導入方法も「総合評価に反映する」という形になっています。これには理由があるといいます。

公募制推薦入試の場合、高校が評点化した数値に基づいて英語力を評価してきましたが、この数値のみで4技能の能力を適切に評価できるのかという問題意識は従来からありました。また、今後、高校の教育現場でも、英語4技能外部検定試験の受験が広く浸透していくことが予想される状況ですので、まずは推薦入試からはじめて、状況を見ながら一般入試へ導入を広げていこうという判断となりました。

推薦入試における英語4技能外部検定試験の活用法は、学群・学類によって異なります。本学は文系・理系のほかに、医学系、体育系、芸術系など多様な学群・学類を有しています。そのため、一律のルールをつくって運用するのは適切ではないと考えます。学群・学類にはそれぞれのアドミッション・ポリシーがありますから、それに適する形で総合評価に反映することになるでしょう。たとえば、一定以上のスコアを有する場合、スコアに応じて加点するというケースも考えられますし、あくまで参考程度にとどめるというケースも考えられます。ただし、学群レベルではある程度、統一する方向で調整を進めています。

一般入試(個別学力検査)の場合も、求める人材像や英語力が学群・学類によって異なりますから、英語4技能外部検定試験を評価に反映する形もさまざまになると思います。特にセンター試験が廃止となり、「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」の導入が予定されていますが、その評価テストが具体的にどのようなテストになるのか、まだ流動的な現状では判断ができない要素があります。こうした動きを見ながら方向性を検討していく予定です。

学生は英語をツールとしていかし、海外で武者修行を

筑波大学は近年、入試改革や教育改革だけでなく、留学支援制度の充実にも力を入れています。学生に海外で経験を積ませ、帰国後の学生生活の糧としてほしいと考えるからです。

本学は、国公立大学の中でも海外からの留学生が多い大学です。2015年現在、約2,000人の留学生が本学で学んでいます。その一方で、積極的に海外に飛び出していく日本人学生は、まだ多いとは言えません。「1年間留学すると、就職活動にマイナスが生じるのではないか」「経済的な負担が大きくなる」といった不安があるのでしょう。そこで、こうした雰囲気を払拭し、積極的に海外に目を向けてもらう目的で、独自の留学生支援制度を拡充させています。例えば、2015年からは「はばたけ!筑大生」という制度をスタートさせました。

この制度には3つのプログラムがあります(「海外学会等参加支援プログラム」「国際交流協定校交換留学支援プログラム」「海外武者修行支援プログラム」)。特徴的なのは「海外武者修行支援プログラム」です。海外で研修活動や現地交流を希望する学生グループが、自らテーマと目的を設定して企画を立て、学長・副学長を含む大学役員の前でプレゼンテーションをするというもので、プレゼンが認められれば、一定の支援金が支給されます。文字通り、海外に武者修行に出て、荒波にもまれたいというたくましい学生を支援します。

ここで重視されるのは研究計画の完成度よりも、学生のモチベーションの高さと企画の発展性です。渡航先が英語圏とは限らないので、英語力に対する基準は設けていませんが、一定以上の英語力はもちろん不可欠でしょう。ただし、英語はあくまでツールであり、「そのツールを使って、現地でなにを成し遂げたいのか、そしてそれを帰国後にどのようにいかしていくのか」を評価するようにしています。

高校段階から英語4技能の基礎と“批判的な思考力”を身につけてほしい

英語4技能外部検定試験の導入は、「高校段階までに4技能の基礎をしっかり身につけてほしい」という大学から高校生へのメッセージでもあります。

ただし、大学で学ぶには4技能のほか、プラスαの英語力も必要になります。例えば、英語の学術論文を読む力、アカデミック・ライティングのスキルといったものです。これらを身につけてもらうためには、高校と大学が連携し、実践的な英語教育を継続して行う必要があると考えています。

今後、グローバル化がさらに進む社会に生きる若者にとって、適切なコミュニケーションがとれる一定レベル以上の英語力が求められるのは間違いないでしょう。さらに、それに加えて「解答が用意されていない問題に立ち向かう力」が求められると思います。海外武者修行プログラムは、こうした力を養成する機会のひとつだと言えるでしょう。

社会は急激に変化していますから、既存の枠組みにとらわれるべきではありません。学生たちは「これまでにない新しい学問分野を自分たちでつくり出そう」という気概を持ってもらいたいと思いますし、物事を批判的に考える力も必要です。高校生は「先生が言っていることや、本に書いてあることは間違いない」と考えがちですが、常に「これは本当かな?」と疑問を持ち、自分で図書館やインターネットを用いて詳しく調べることが大切です。大学で学ぶ際はこうした姿勢が強く求められますから、高校生のみなさんは、今のうちから物事を批判的に考えたり、書籍を批判的に読むことを意識しておくとよいと思います。

ページの先頭に戻る