授業等活用事例

【写真】大阪府立三国丘高等学校

TOEFL iBTを活用し、英語で学問を学ぶレベルの英語力をめざす

大阪府立三国丘高等学校(大阪・堺市)では、2015年度よりTOEFL iBTを活用した授業を実施している。英語で学問を学べるレベルをめざしているため、アカデミックな英語が扱われるTOEFLを用いながら4技能を統合的に育成している。

大阪府におけるTOEFL iBTの活用

大阪府では2015年度より、TOEFL iBTを活用した授業を実施している。その目標は、生徒の英語力を英語圏の大学に進学できるレベルにまで引き上げることだ。

【写真】大阪府立三国丘高等学校 英語科教諭 柿本早紀 先生

柿本早紀 先生

英語科教諭

2015年度より大阪府では、生徒の英語力を高校3年間で英語圏の大学に進学できるレベルにまで引き上げることを目標とし、Super English Teacher(SET)によるTOEFL iBTを活用した英語教育を府立高校10校で始めました。SETにはTOEFL iBTを活用した授業の実施や教材開発、カリキュラム開発や指導者育成といった役割が求められており、2015年度は10校に各1名が配置されています。SETの経歴としては、大学講師や民間企業出身者、英語教諭などさまざまですが、TOEFL iBT 100点以上の高い英語力を持つ者が採用されています。私は、もともと大阪府立高校の教員でしたが、現在はSETとして大阪府立三国丘高等学校(以下、三国丘高校)でTOEFLを中心とした授業を担当しています。


グローバルリーダーを目指すためのTOEFL授業

日本や世界でリーダーとして活躍できる人材を育てるため、TOEFL iBTを用いて世界水準の英語力育成に取り組んでいる。

三国丘高校は、文科省からスーパーグローバルハイスクール(SGH)に指定され、さらに大阪府からはグローバルリーダーズハイスクール(GLHS)に指定されています。そのため、日本や世界でリーダーとして活躍できる人材を育てることが求められており、TOEFLを活用した英語授業もその取り組みの1つです。将来、世界中の優秀な学生とともに学び、世界をリードしていくためには、世界水準の英語力をめざすことが必要です。TOEFL iBTを活用することで、学問を学ぶために必要なレベルの英語を学ぶことができ、それを高校から始めることで、大学では専門分野により集中して世界を渡り歩くことのできる環境をつくっていきたいと考えています。

生徒の活動を中心とした授業

TOEFL iBTでは、主体的に英語を理解し発信する力が求められる。そのため、授業は生徒が考え、話し、書くといった活動が中心である。

2015年度に入学した1年生8クラスのうち4クラス(160名)をTOEFLクラスと位置づけ、TOEFL iBTを活用した授業を週2コマ実施しています。生徒の中には海外大学進学希望者や大学での留学希望者、国際系の学部希望者も多く、進路を意識しながら積極的に取り組んでいます。
1年生は、TOEFL iBTで欠かせないリスニング力の育成と、スピーキングとライティングの基礎力育成に取り組んでいます。授業では、生徒自身が話す、書く、ペアやグループで話し合うなど生徒の活動が中心となるように心掛けています。では、これまで授業で行った活動をいくつか紹介したいと思います。

<リスニング>

TOEFLのリスニングの音声は、日本で英語教育を受けてきた生徒にとっては大変スピードが速いものです。まずその速さに慣れるため、徹底的にTOEFL ITP(団体向けTOEFLテストプログラム)の問題を使いディクテーションと音読(リピート、オーバーラッピング、シャドーイング、リプロダクション)を行いました。まだまだ始めて数カ月で個人差はありますが、スピードにはほとんどの生徒が慣れてきた印象があります。1学期は授業の中でリスニングの学習方法を身に付け、2学期は自分で学習するように移行していっています。

<スピーキング>

スピーキング力を育成するには実際に英語を口に出さなければなりません。授業でそれを可能にするためには、間違えても英語を話していいのだという安心感を生徒に与え、互いに英語を話そうとする雰囲気をクラスにつくることが何よりも大切です。そのために、毎授業で身近なテーマでの2分間フリートークを行っており、当初のルールは『話を途切れさせないこと』だけです。1学期間続けることで、生徒の発話量はかなり増え、英語を話す雰囲気作りができました。さらに、2学期は、TOEFL iBTで必要とされる、内容をまとめ1人で話し続ける力を付けるために、フリートークの内容をリテリングしたり、類似のトピックを1人で45秒スピーチしたりする取り組みも始めています。今後も同様の活動を継続しながら、少しずつ実践的な問題にも取り組みます。

【写真】大阪府立三国丘高等学校では、毎授業で身近なテーマでの2分間フリートーク行っています。

<ライティング>

1学期の間は、英語のエッセイライティングの形式に慣れ、量をたくさん書くことに目標を置きました。授業中は、TOEFL iBT形式のトピックを生徒に与え、それについてグループで話し合いを行い、エッセイのアウトライン(構成・概要)を考えさせました。例えば、「公共の場での喫煙は禁止すべきである」というトピックを与え、グループで賛成と反対の両方の理由を出し合います。それをクラス全体で共有し、それらの理由を参考に、個々のエッセイのアウトラインを考えます。そして、そのアウトラインをもとに宿題として50語程度のエッセイを書きました。これを通して、英語のエッセイの形式が身に付き、1学期終了時点ではほぼ全員の生徒が150語程度のエッセイを書けるようになりました。1学期は量を書くことに焦点をあてましたので、2学期はより質を高め、より客観的で論理的な文章を書けることを目標に学習しています。

【写真】大阪府立三国丘高等学校の授業では授業中、TOEFL iBT形式のトピックを生徒に与え、それについてグループで話し合いを行い、エッセイのアウトライン(構成・概要)を考えさせました。
【写真】大阪府立三国丘高等学校では、アウトラインをもとに宿題として50語程度のエッセイを書くことをしています。

思考力、表現力を育てるTOEFL iBT

TOEFL iBTを用いることで、生徒は英語力に加え、様々な問題について思考を深め、自分の考えを伝える力を学んでいる。それはグローバルリーダーとして、これからの世界で欠かせない力である。

TOEFL iBTを活用することで、4技能を学術レベルで学べることに加え、英語力に留まらない思考力や表現力を育てることができると考えています。将来グローバルリーダーとして活躍するためには、英語力だけを持ち合わせていても仕方ありません。自分の考えを持ち、それを相手に伝えられなくてはなりません。TOEFL iBTで扱われる題材は、生徒の身の回りのことだけでなく、社会が抱える問題や最新の科学技術など多岐に渡ります。それらを読んだり聞いたりすることで興味や関心が刺激され、意見を求められることで自分の考えをより深めることができます。TOEFLの学習を通じて、他の生徒の意見から新たな発見をし、自分の考えの伝え方を学び、自分自身の思考を深めてほしいと思っています。
まだ授業が始まって数カ月ですが、三国丘高校でのTOEFL授業は好調なスタートを切っています。その背景には、生徒自身の前向きな姿勢と同時に、TOEFL授業以外でも英語使用を意識したリーディングや文法の授業が行われていることにあります。1学期終了時の生徒たちの感想では、本当にたくさんの前向きな意見が見受けられ、生徒たちの『英語を使えるようになりたい』という願望に、TOEFL iBTを活用した授業が応えられているのではないかと思います。

最後に、1学期間授業を受けた生徒の感想を紹介します。

・むずかしいことも多いけれど、自分の力が付いているのがわかるので楽しい。
・言いたいことや書きたいことがうまく出てこなくて悔しい。もっと勉強しないと、という気持ちになる。
・継続することや繰り返すことが大切だと学んだ。
・友だちと話したり、意見を交換したりすることが楽しい。
・今まで以上に英語の力が付いたと実感できる。特に発音がうまくなった。

TOEFLを活用しながら4技能型の授業を行うことで、生徒たちは、英語の知識を蓄えるだけに留まらず、実際に英語を使い自分の弱点を知り新たな学習につなげる主体的な学びを行っています。今後も生徒が主体的に英語を活用し学ぶ機会を与えられる授業をめざしていきたいと思っています。そして将来、三国丘高校出身の生徒たちが、英語を手段としながら、各自の専門分野で世界をリードしていることを何より楽しみにしています。

ページの先頭に戻る