スペシャルインタビュー

世界の大学は4技能での試験が常識! 1~3技能入試では、日本の大学はガラパゴス化する! 安河内哲也 氏 東進ハイスクール講師、実用英語推進機構代表理事

日本では大学入試は巨大な影響力を持っている!

残念ながら、様々な指標が示すとおり、日本の高校生・大学生の実用的な英語力は世界の最下位近くで低迷しています。なぜでしょうか?

ご存じのとおり、日本国内では、中高生が英語を実際に使う必要性はほとんどありません。このような環境をEFL (English as a Foreign Language)環境といいます。

そこでは日常の中で英語力が鍛えられることは滅多にありません。EFL環境になればなるほど、達成目標であるテストが、習得する英語の技能に与える影響が大きくなります。つまり、テストが読解中心なら、習得されるのは読む技能に偏りますし、テストが4技能を測定するものなら、4技能が鍛えられます。

もちろん、テストのために勉強することは真の英語の勉強ではないと思います。理想としては、4技能のバランスの取れたコミュニケーションの学習や指導をし、その結果としての英語力が適切にスコアに反映される。これが、最も正しい姿ですよね。しかし現実には、日本では大学入試をはじめとするテストが、英語4技能の普段の学習に非常に大きな影響を及ぼしています。

英語の4技能は相互に関連し合っているので、4技能のバランスの取れた指導・学習を行っていれば、その一部である1~3技能の試験でも、残りの技能の力が反映されるだろう。そんな期待のもとにこれまで日本の受験や英語教育は進んできたのだと思います。

また学習指導要領は長い間、4技能を融合した指導をするよう、現場の先生方に求めて来ましたし、実際に先生方もコミュニカティブな英語を教えたいと思っています。

しかし、受験が近づいてくると授業の形を入試に合わせて変えざるを得なくなるんですね。多くの進学校の先生方がこのギャップに苦しんでいます。

皆さんのお子さんがボーダーライン上でがんばっている受験生だったとしましょう。読解・文法の1技能しか出ない入試が1年後に控えています。将来の夢を叶えるためにどうしてもその学部に入りたいと思って必死に受験勉強をしている。その子に向かって、「4技能をバランス良くやれば...」とは言いにくいですよね。

世界標準は4技能テスト。しかし「受験英語」がそれを阻む

予備校的な見地からすると、実際、入試が1技能や2技能の場合で、
点数をとることが目的化している場合、技能数を絞った指導をした方が得点力が上がります。
結局、学習はそこに陥ってしまうのです。

大学受験問題を作っている出題者の先生方は、限られた技能数しか試せないという制約のなかで、他の技能を間接的に試そうと努力されています。例えば、大学入試センター試験では、2技能しか試せないという制約の中で、発音問題や会話問題を通じて発話能力、文法問題を通じて英作文の能力を試そうとしています。実際、発話の力や英作文の力を磨けば、これらの問題でも点数がとれるようになるでしょう。

しかし、テストが目的化してしまうことによって、発話や英作文をやらなくても点数が取れるというもう一つの道が、塾や予備校によって開発されてしまうのです。結果、出題者の先生方の意図からはずれ、センター試験の対策として、会話練習や英作文をすることはなくなってしまうわけです。文法を学ぶ目的も、話すため、書くため、ではなく、単に4択問題や整序問題を解くためと化してしまいます。ここに文法などの問題を解くことを至上目的とする「受験英語」という分野が生まれるわけです。

こうしたことから、世界では、4つの技能を直接測定する試験が数多く開発されました。そして、今世紀に入り、世界では、4技能テストが完全に標準になっています。

もちろん、4技能テストといっても、コミュニケーション能力の全てを測ることができるわけではありませんが、1~3技能試験に比べると、はるかに精度と信頼性を増し、バランスのよいウォッシュバック(波及力)を起こしていることは間違いありません。

英語4技能テストで世界に学生を送り出せ!

現在、世界の主要な大学に留学するためには、2技能や3技能の試験は、原則として認められません。4技能のTOEFL iBTやIELTSでの英語能力の証明が必要となるのです。
世界に日本の学生を送り出すためには、どうしても、このTOEFL iBT / IELTSで求められる、4技能の壁を越えてもらわねばならないわけです。

ある偏差値ランキングトップレベルに位置する日本の難関大学では、翻訳中心の入試を行っています。その大学では、就学後に、読解(文法問題を含む)とリスニングの2技能の、クラス分けなどに用いるTOEFL試験(TOEFL ITP)を全生徒が受験するそうですが、その平均値は500点をわずかに越える程度だということです。本来、入試を通じて最も勉強しているはずの技能ですら、このレベルにとどまっているわけです。

ここから再教育をして、4技能のTOEFL iBTやIELTSで、求められる点数をとり、世界の大学に学生を送り出すことは非常に困難でしょう。実際、日本の大学生が、世界のトップクラスの大学に留学できない大きな理由は、これらの4技能試験で求められるスコアが取れないことですから。

それまで1~3技能しかやってこなかった学生が、少々勉強したからといって4技能試験ですぐに点数がとれるということはないですね。大学入学までは、1技能や翻訳や文法ばかり勉強させ、大学に入った途端にTOEFLやIELTSの4技能で高得点を取って留学しなさい、というやりかたには無理があります。

たとえ点数が取れたとしても、その頃には、もう就職活動が始まってしまいます。入試までの助走でやっている学習と、世界の大学で求められている学習が乖離し過ぎているわけです。

大学入試の全面4技能化が進行中

このような世界の流れにあわせて、大学入試や高校入試の評価を、測定対象となる学生のレベルに合わせた、様々な4技能テストにすれば、日本の英語教育に一貫性と国際通用性が生まれます。
学習指導要領に基づいた、4技能融合型指導をすることが、そのまま試験の対策ともなるわけです。

それでは、現実的に、どのように大学入試において4技能テストを活用していけば良いのでしょうか?

大学入試に関しては、大きな変更を2020年に控えており、その時点で英語は外部試験の活用を含め、4技能テストとすることが国の政策として提言されています。しかし、グローバル化は2020年まで待ってくれるわけではありません。それまでの5年間にも、学生達は英語を勉強しているわけです。英語の入試の改革に関しては、前倒しで進めていくべきでしょう。

4技能テストを入試で使用する方法としては、基準点方式、みなし満点方式、加点方式など様々な方法が考えられます。基準点方式は、4技能試験で、ある一定のスコアをクリアすれば、英語は合格とみなし、他の科目に進めるという方式です(上智大・立教大)。みなし満点方式は、現在の入試のシステムを残したままで、4技能試験の一定ラインをクリアした学生に、英語満点を与えるという方式です。(国際教養大・金沢大[センター試験])。加点方式は、4技能試験で高いスコアを持っている受験生にプラスの得点を与えるという方式です。またみなし9割、みなし8割といった方式(大阪府)も考えられます。これらの方式を組み合わせることもできます。

受験生も4技能型の試験を歓迎しています。これはTEAPを導入した2015年度の上智大学一般入試の志願者数が、過去最高を記録したことからも推察できます。

生徒も本当は使える英語が学びたい!

実は、私も「日本人はシャイだから、自発的には発言しない。」
というよくある都市伝説を信じていたのですが……とんでもない!生徒が最も学びたいのは、スピーキングなのです。

企業でも徐々にスピーキングテストが導入されるようになり、私も、今、各所で、プレゼンやディベートなどを含む、スピーキングの授業をたくさんするようになりました。中学・高校・大学・企業、どこに行ってもスピーキングの授業が一番盛り上がります。受講生の顔は、みな笑顔で生き生きとしています。みな口をそろえて「もっとこんなふうに、楽しくスピーキングの勉強がしたい」と言います。

多くの調査では、中高生、社会人を問わず、学習者が最も勉強したいのは、4技能の中でもスピーキングです。技能数が限られた試験で封じ込められてきた、スピーキングを学びたいという渇望があります。

この日本人のエネルギーを解き放つためにも、関係者の立場を超えた協力や譲り合いを通じて、大学入試の4技能化を一刻も早く実現しなければなりません。

今まで慣れ親しんできた仕組みを変えるのは難しいかもしれません。しかし、このままでは、日本という国がガラパゴス化してしまいます。この国の素晴らしい技術と文化を世界の人々にもっと知ってもらいましょう。入試英語改革、全ては、こどもたちのために!日本と世界の明るい未来のために!

安河内哲也 氏 略歴

1967年、福岡県生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒業。
(財)実用英語推進機構代表理事として、日本の英語教育のグローバル化に取り組んでいる。
東進ハイスクール・東進ビジネススクール英語講師でもあり、現場で中学生・高校生・大学生に英語を教え続けている。
文部科学省においては、英語教育の在り方に関する有識者会議、英語力評価及び入学者選抜における英語の資格・検定試験の活用促進に関する連絡協議会の委員を務める。

【写真】安河内哲也 氏
ページの先頭に戻る